全国ヨガ教室比較ランキング

ヨガインストラクターになる方法と稼ぐポイントまとめ!

ヨガのインストラクターとして稼いで仕事にする方法

ヨガが好きすぎてヨガを仕事にしたいと考えている方。

まずいきなり結論から言うと、ヨガインストラクター1本で稼ぐというのは非常に難しいと断言できます。

ヨガ人口が1,500万人前後と言われているだけあって、ヨガインストラクターを名乗る人は数万人もいて、ヨガだけを仕事にして裕福な暮らしができる人はほんの一握り。

もちろん全国的に流行っているホットヨガのスタジオなんかに雇われれば、最低限の生活レベルのお給料を確保することはできるでしょう。

ただし!

そもそも採用されるのも難しく、採用されても色々と縛りがあるなど難しいことだらけ。

かと言ってフリーでやるにも、新規の集客が難しいうえ税金などの雑務も多く、気を使わなくてはいけないことがたくさん。

どちらにするにしても簡単ではないので、心の消耗に繋がってしまい、ヨガを嫌いになってしまうなんてことも。

ただ、それでもやはり諦めたくない、挑戦したいと言う方もいるでしょう。

ということで、この記事では、下記の二点をポイントに解説していきます。

この記事のポイント
  1. 色んなインストラクターの口コミをもとにしたメリットデメリットをしっかり踏まえて比較検証
  2. 何が最も効率よく、お金も心も満たされるのかと言う点についてご紹介していきます。

色んな参考情報も載せたので、ぜひ保存版として目次からお選びください。

資格の有無

まずヨガを仕事にするうえで気にする人が多いのが、資格が必要なのか不必要なのかと言うこと。

結論から言うと、どちらでも大丈夫。

国家資格ではないので、資格がなくてもインストラクターを名乗ることができます。

ただし!

数万人ものインストラクターがいる現代で、資格が最低限の目安になるのは間違いないので、持っているに越したことはないでしょう。

全世界で認知度のあるRYTと言う資格から、ちょっとした団体が発行するものもあれば、資格の種類も様々

『通学』か『合宿』の二択ですが、有名な資格はどちらも費用の相場が40万円以上はかかるところがほとんど。

言うならばいきなり赤字スタートでもあるので、資格を取得するにも色々と考えなくてはいけません。

【関連記事】

1、RYT200の必要有無からおすすめスクールまで!

2、RYT500の取得方法からおすすめスクールまで!

雇われかフリーか

続いて、ヨガインストラクターとして考えなくてはいけないのが、

  1. どこかのスタジオの従業員として働く
  2. フリーのインストラクターとして働く

の2点です。

それぞれメリットデメリットがあるので、解説いたします。

安定と引き換えにツライ雇われ

どこかで雇ってもらううえでメリットの定番は、やはり集客の必要がなく収入が安定していること。

大手のラバカルドなんかは福利厚生もバッチリなので、本格的にヨガを仕事にすると言えるでしょう。

ただし!

雇われと言えど、人によってはデメリットがとても多いのも事実。

口コミ1

自分のレッスンに集客が少ないと気まずい

集客不要と言えど、人気の少ないインストラクターさんは、経営者からすれば重荷の一つであることは間違いありません。

時給が下がったり、レッスンをさせてもらえず事務作業ばかりなんてことも。

口コミ2

やりたいレッスンができない

これは特に大手のヨガスタジオで多い例で、レッスンの流れなどは全て決められていて、全く自分らしさができないと言う点です。

レッスンの流れはもちろん、使う言葉まで決められている場合もあります。

口コミ3

そもそもレッスンができない

これも大手でよくあるデメリットとして、ヨガインストラクターがしたくても、結局は事務や受付の雑務が多く、レッスンをさせてもらえないと言うこと。

もちろん一日に1レッスンもできないこともあり、やはり仕事は自分のやりたい職種を選んで、早朝や夜の時間だけ副業でレッスンができれば一番と言えます。

口コミ4

副業もできずお給料が少ない

そもそもとして、雇われる場合はお給料が20万円未満で、普通のOLよりも安いと言う相場があります。

さらに、これもよくある例として、副業でのインストラクター禁止という約束。

スタジオのお客さんを外に持って行って自分で収入を得ると、営業妨害として損害金を請求される可能性もゼロではありません。

夢がたくさんフリーランス

続いてもう一つの選択肢であるフリーランスと言う形で、ヨガを仕事にする方法について。

方法としては2種類。

  1. どこかのスタジオから業務委託として仕事をもらってレッスンを行う方法
  2. 自分でレンタルスタジオを借りて集客してレッスンを行う方法

①に関しては先ほどの雇われと似ていて自由度が少ないものの、収入の安定があります。

②に関してはポーズはもちろんお客様との接し方やスタジオの雰囲気まで、全て自分の思うがままのレッスンを作ることができます。

また、お給料の部分でも、安定はないもののフリーランスのほうが圧倒的に稼げる形態であることは間違いありません。

  1. 「4,000円で2時間」と言うようなレンタルスタジオを借りる
  2. お客様から2,000円をいただいて10人集客できれば、20,000円
  3. スタジオ代の経費の4,000円を引けば、16,000円の利益

ということで、1時間のレッスンで前後の1時間の準備と片付けを入れても、時給換算8,000円。

もしも一日に3レッスンやって、同じように10人の集客ができれば・・・

  1. <スタジオ代>2時間4,000円×3セット=12,000円
  2. <売上>1時間2,000円×10人×3セット=60,000円
  3. <利益>売上60,000円-経費12,000円=48,000円

なんと日給48,000円。

週に5日で月に20回なら、月給96万円。

これは理想の数字ではあるものの、「予約が取れない」と言うほど人気のインストラクターさんなら決してありえない話しではありません。

極端にこの集客を10人でなく半分の5人に見積もっても36万円。

企業のサラリーマンやOLより多い金額で、とっても夢のある仕事ですよね。

冒頭にもあげたように、やはり副業なら粗利益が高い時給バイトとなるので、副業に最適と言えます。

実際に全国最大手のラバなんかは、もはや日本全国400店舗ということで、企業と言えどヨガが儲かると言える証拠ですね。

しかし!

もちろんデメリットがあって、なんと言ってもその人気の確保や集客がとてつもなく難しいということ。

新規のお客さんを1人呼ぶだけでも大変。

何度も来てくれるようなリピーターになってもらうのはもっと大変。

この集客ができるかできないかがカギを握ってきます。

集客の重要性と具体的な方法

スタジオで雇われで働くにしても、フリーで働くにしても、一番大事なのがやはり集客。

どんなにあなたがヨガの技術を磨いても、

どんなにあなたが愛される人物を目指しても、

どんなに良いサービスのを作っても、

集客ができなければ全く意味がありません。

なんせ集客ができなくては、あなたの人柄や技術は見てもらうことすらできないからです。

なので内容どうこうよりもまずは知ってもらうことが肝心。

そのうえでよく挙げられるポイントを3つご紹介いたします。

ホームページ

まず考える方が多いのが、ホームページ制作。

スタジオを賃貸でレンタルするような本格的な場合は必要と断言できます。

新規のお客様が、スタジオを検索する時に地図で表示されて、ネットから新規集客に繋がりやすいからです。

なので、フリーランスの人は、お金も手間もかかることなので、決して必要ではなくおすすめしません。

SNS

やはりこの時代で最も重要なのがSNSの運用です。

ヨガインストラクターは、人が商品です。

その人がどんな人で、どんなレッスンをやるのかと言うのを伝える必要があります。

そのため、SNSでしっかり自分を発信してアピールすることが重要です。

最低限、Twitter・Instagram・Facebookは豆に更新しましょう。

あなたの人柄がわかれば十分なので、ご飯の投稿でもなんでも構いません。

技を極める

SNSの運用ができるうえで大事なのが、『人と変わったこと』や『凄いこと』をすることです。

基本的にSNSは、発言や写真を何かしら発信できていて、親しみと絡みやすさがわかれば大丈夫。

ただし、やはり稼ぐためにより多くの人に知ってもらう必要があり、その一番の方法がバズ(拡散)を狙うこと。

正直、ヨガのポーズやヨガの動きをSNSにアップしている人は、インストラクターの数の何倍もの件数が既に投稿されています。

その中で、かなり際立ったことをすることで、たくさんの「いいね」がついて拡散されやすくなります。

そんなインストラクターさんのレッスンだったら、ぜひ行ってみたいと思う人もたくさん出てくるでしょう。

スタジオの重要性とお得に抑える方法

続いて、お客様になるような人が、あなたのレッスンを他のインストラクターと比較するうえで大事なポイントがスタジオの有無です。

主流のレンタルから、意外と知られていない方法を含めて4つご紹介。

賃貸

やはり経費が大きくなるものの、最もおすすめは自分でスタジオを借りてしまうこと。

先ほど集客にホームページが必要かどうかで挙げたように、ネットでの新規集客がしやすいからです。

もちろんスタジオ周辺の地域が「近い」と言うだけで新規集客の対象となるので、チラシを配るにしてもアプローチがしやすいためおすすめ。

スタジオも自分の雰囲気にできるし、余裕が出てくれば逆にインストラクターを募集して、そのインストラクターによる集客も期待できるので、売上の伸ばしやすさも一番。

ある程度の集客ができている人気のインストラクターさんは検討する価値は十分あります。

固定費という大きなリスクになりますが、リスクを取れる人ほど大きな見返りを期待できます。

みんなで賃貸

インストラクターの友人がいる方は一緒に賃貸できればなおさらお得。

やはり賃貸で借りることができたほうが、レンタルよりも時間単位は安いですし、立地が決まっている安心感をお客さんに与えることができるので、新規の集客のしやすさは間違いなし。

お金の揉め事のトラブルは気をつけたいところですが、信頼できる友人同士ならメリットしかないため、ちょっとしたみんなで起業と言う感覚も良いでしょう。

レンタル

続いては、フリーの方の定番の方法として、時間単位でレンタルする方法。

収入例でもあげたように、クオリティはどうであれ、今では1時間1,000円代からレンタルできるスタジオが増えています。

最近では、ヨガ用のスタジオ検索も可能なスタジオマッチングサイトがあるため、細かく自分の条件に絞って検索することができます。

※[PR]そのマッチングサイトはこちら↓

ある程度の集客ができる人は、賃貸と逆で場所を固定しなくて良いメリットでもあるので、言うまでもなくこのスタジオレンタルがおすすめ。

直接の間借り

最後はあまり知られていない方法としておすすめなのが、どこかのスタジオを直接オーナーから間借りする方法です。

ダンススタジオにバレエスタジオなど、広い場所を持っているにもかかわらず、どこも必ずあいている時間というのが存在します。

そういったスタジオの空き時間を、オーナーさんに交渉して借りる方法です。

なかなか募集している所はないですし、自分で新規で営業に行くのも難しい話しですが、友人のコネやネットでこれができればとても便利

賃貸の手間がなく割安で借りられる可能性があるうえ、住所が決まっている強みで新規集客も非常にしやすいです。

なので先ほどあげたマッチングサイトで色んな所を使ってみて検討するのが良いでしょう。

まとめ

以上がヨガインストラクターとして稼ぐための方法のあれこれでした。

集客をしっかりして、スタジオを安く借りることでたくさんの収入を目指すことが可能です。

ヨガインストラクターで年収1,000万円も決して夢ではありませんし、経営者としてスタジオを大きくしていくのも良いでしょう。