全国ヨガ教室比較ランキング

RYT500の取得条件とおすすめスクール!

RYT500の全貌

RYT500の資格が気になっている方。

当記事では、その概要から、まだまだ少ない日本人向けのスクール情報までをまとめました。

RYT500とは

全米ヨガアライアンスのRYT500

国際的なヨガ指導者資格発行団体の米国ヨガアライアンスが発行する資格。

このヨガアライアンスで認定のトレーニングプログラムを、500時間終了した人が受け取れるのがRYT500。

取得方法

2種類あります。

  • 500時間の認定校を修了する
  • RYT200を取得した後に、300時間のトレーニングを修了する

どちらでも大丈夫。

300時間の内容

ベースの200時間と、選択制の100時間の二部制。

必須条件

RYS500の認定校を卒業後、100時間以上の指導経験が条件とされています。

スクール選びの注意点

RYT500をどこのスクールで取得するか迷う方が抑えておきたポイント。

とにかく少ない

山のようにあるRYT200のスクールとはうってかわって、ほとんど開講している学校がありません。

ネット検索して出てきても、取得の方法や資格についての説明があるだけで、

「現在は開講していません」

という場合がほとんど。

特に短期集中や合宿などは年に1~2回あれば良いほう。

この記事では、何校か定期的に開催している学校を調査してご紹介しますが、時期によっては参加できない場合もあります。

ブリッジプログラム

RYT200と違う学校で取得する場合、ほとんどの学校ではこういったおさらいのような学習が必要になります。

アセスメントクラスなど名前は様々。

費用は3~10万前後。

なので可能であればRYT200を取得した学校で受けるのがおすすめ。

おすすめ校と料金一覧

定期的に多く開催されているであろう人気教室を4つご紹介。

代表的な人気のスクールの一覧表をまとめました。

国内RYT500のスクールの価格表(税込)
学校名 開催地 料金 期間
ヨガワークス 東京 540,000円 1ヵ月
リシケシヨガシャラ インド 498,000円 1ヵ月
ファーストシップ 東京 540,000円 1ヵ月
アンダーザライト 東京 800,000円

一貫性ではなく単位制で選択制の授業だと、選ぶコースによって料金が変わることがほとんどなので、必ず公式サイトでご確認ください。

ヨガワークス

日本で人気のゼンプレイスが運営し、世界最大級の流派であるヨガワークスを取り入れたスクール。

RYT500で最もおすすめなスクールのヨガワークス

RTY500は高額で時間がかかりがちですが、一貫性で短期で学べるのが特徴。

ヨガワークスのスタイルなので、日本はもちろん海外でも通用する技術が身につきます。

ヨガワークスのRYT500スクールの料金
コース 平日集中コース(1ヵ月):540,000 円
場所 東京・五反田

ファーストシップ

LAVAの運営会社でお馴染みのファーストシップ。

単位制で決められた時間を修了すると取得ができるタイプなので、好きなように受講できるタイプ。

ファーストシップのRYT500スクールの料金
コース
  • 必修講座:30万円
  • 選択講座:30-50万円
  • RYT200を他校で取得の場合はブリッジプログラム(3ヵ月):35,000円
期限 なし
場所 新宿・横浜・大阪・大宮・福岡

リシケシ・ヨガシャラ

ヨガの本場インドで行われる合宿タイプの短期スクール。

リシケシ・ヨガシャラのRYT500スクールの料金
コース 全米ヨガアライアンスRYT500認定講座(35日間):498,000 円
場所 インド・リシケシ

アンダーザライト

2006年に設立され、ヨガアライアンスで高い実績を持つスクール。

誇大から現まで受け継がれてきたヨガの技法を学べます。

アンダーザライトのRYT500スクールの料金
コース
  • 必修講座:約25‐30万円
  • 選択講座:約30-50万円
  • RYT500受講登録料(スターターキット):50,000 円
  • アセスメントクラス受講料(他校生必須):6,000円
場所 東京・代々木