全国ヨガ教室比較ランキング

【料金比較】RYT200が安いおすすめスクール20選抜!

難易度や学校比較や登録有無に方法までを徹底解説

RYT200の取得にあたって重要なのがスクール選び!

日本や海外で多くのスクールがあり、料金もピンからキリまで様々!

そこで、この記事では安いスクールから人気のスクールまで徹底解説いたします。

一覧の比較表

最もベーシックなプランで、当サイトでおすすめのスクールを一覧にしました。

RYT200スクール
スクール名 タイプ 場所 料金 特徴
ララアーシャ 通学 東京(池袋) 198,000円 最安値
YMC 通学 東京・神奈川・愛知・大阪・福岡 568,000円 卒業生数ナンバーワン
アンダーザライト 通学 東京(代々木) 499,999円 日本初の認定校の実績
リラヨガ 通学 東京(目黒) 405,000円 レジェンド乳井さん
YMCバリ 合宿 バリ島 330,000円 短期で激安
アミーダ 合宿 神奈川県 528,000円~ 国内初!常設の合宿所
YMCハワイ 合宿 ハワイ 594,000円 ゆったりリゾート感覚
FIRST SHIP 通学 東京・神奈川・愛知・大阪・福岡 627,000円 LAVAのノウハウ

それぞれ全く違った特徴があるので、通学合宿のタイプで分けてご紹介いたします。

通学ランキング

長期で休みは取れないので、お仕事や今の生活のリズムを崩さず通ってRYT200を取得したい方におすすめランキング。

【1位】ララアーシャ

東京は池袋のララアーシャ

溶岩ホットヨガで人気で、東京と神奈川で12店舗を運営しているララアーシャが開校するRYT200のスクール。

  • 国内の通学では最安値でRYT200が取得できる
  • ララアーシャに60回通えるチケットをもらえる
  • 早割りもあるのでさらにお得
  • 少人数制でみっちり学べる
  • 未経験も可能
  • 卒業後のサポートも豊富
  • 全12回のフリーチケット付き
  • ララアーシャで週1から働ける
  • やむを得ない欠席も、DVDで補講可能

もはや他のスクールが比べ物にならないぐらいの安さとコストパフォーマンスを誇るスタジオ。2019年12月時点では13期生まで終了しており、カリキュラムのノウハウも安定されていて授業内容も心配不要。

また、ラバやカルドの『ホットヨガ』とは違って、『溶岩ヨガ』と言う希少な特徴もあり、そんな中でも店舗を拡大し続けている人気スタジオなので、就職としての需要の高さもピカイチ。

YouTubeではレッスンの風景がわかる動画もあります。

事前に無料説明会も豊富に実施していることもあり、納得するまで質問も可能なので、失敗することもあり得ません。

ララアーシャのRYT200
場所 東京都豊島区南池袋1-21-5 第7野萩ビル3F
料金 218,000円(税別)
早割:198,000円(税別)
期間 固定制で年3~4回の開催

【2位】YMCスクール

全国にあるYMCスタジオのスクール写真

全国に19店舗を運営す人気ヨガスタジオが運営するYMCの養成講座。

  • 全国6校で常時開催
  • 週1から自由に通える
  • 卒業生ナンバーワンの実績
  • オプションも豊富
  • 就職サポートもあり

ラバやカルドでお馴染みの『ホットヨガ』と違って『常温ヨガ』で人気のスタジオ。温度に頼らないスタジオならではのカリキュラムでどこでも通用する力が着くと評判で、最大300時間まで受講可能なので、本気で学びたい方におすすめのスクール。

資料請求も説明会も無料なので、まずは資料だけおすすめ。

ちなみにYMCは、この中で唯一海外での短期合宿も開催しており、バリとハワイも人気です。料金も格安なので、14日間のお休みが取れる方は、バリも検討する価値あり!

YMCのRYT200
場所 東京(新宿)・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪(梅田)・福岡(天神)
料金 税抜き568,000円(分割可能)
期間 最短2ヵ月~・クラス受講で最大2年間好きに通える

【3位】アンダーザライト

日本で初めてRYTの認定校となり、芸能人も多く通う養成スクール。

  • 大容量のオリジナルテキスト
  • ヨガの業界の有名講師多数
  • ヨガイベントも開催する団体
  • 多くの書籍も発行する団体
  • 受講中にデビューできる
  • 未経験専用のクラスもある
  • 受講期限がないので急なお休みもOK
  • RYT500も常時開催している数少ないスクール

東京は代々木のみで圧倒的な人気と実績を誇る。

人を大事に考えるアンダーザライトには多くのヨガインストラクターがおり、月300以上のクラスが行われています。中でも、RYT200の受講中にデビューできる専用のクラスがあり、実践経験を踏まえながら学ぶことができるのが特徴。

デビューしたばかりに起こりやすい指導中の事故を対象とした賠償責任保険にも加入が可能で、1年目は受講料に含まれており、安心して自分のクラスを持てるのも魅力。

オープンキャンパスや説明会も随時行われているので、レッスンから受けてみるのもおすすめ。

アンダーザライトのRYT200
場所 東京都渋⾕区代々⽊1-53-4-4階
料金 499,999円(税込み)
期間 最短6ヵ月~期限なし

【4位】リラヨガインスティテュート

東京は目黒のリラヨガのスクール写真

本場インドで修行をし、ヨガ業界の実績が長い有名人「乳井真介」さんが運営するスクール。

  • 創立11周年の実績
  • 多くの顔出し体験談あり
  • 内閣府認証のメディカルヨガにも認定されている
  • 700名を超えるコミュニティに参加できる
  • 卒業後のクラス受講割引
  • 公式LINEで卒業後もいつでも相談できる
  • 年に2回の交流会に参加できる

スクールとしては、乳井さんならではインドヨガの伝統を尊重したカリキュラムと、卒業後の特典のが特徴。何よりも乳井さんを慕って訪れる方が多いほど、受講者のお喜びの口コミがあり、ヨガの歴史から知りたい方なんかにおすすめ。

合同説明会や個別説明会も随時行われており、まずは体験レッスンが1回無料になる特典もあるので、お申込みだけでも価値はあるでしょう。

リラヨガのRYT200
場所 東京都目黒区鷹番2-20-18 久留美ビル3F
料金 短期405,000円(税込)・通常448,000円
期間 最短1ヵ月の短期コース・通常2ヵ月コース

【5位】FIRST SHIP

全国にあるファーストシップのスクール写真

日本トップクラスでスタジオ数を誇るラバと同じグループが運営する養成スクール。

  • 日本一のスタジオ数を誇るLAVAのノウハウ
  • 単位制なのでいつでも入校可能
  • LAVAへの就職サポート
  • 授業は何度受けても無料
  • 卒業後の告知もバックアップ
  • RYT500の開催もあり

入校から18ヵ月以内であれば、好きな分だけ通って取得することができる他にはないプランが特徴。この期間内に関しては同じ授業も何度も無料で受けられるので、徹底的に学びたい方におすすめ。

個別説明会や合同説明会はもちろん、資料請求からでもOK!

FIRST SHIPのRYT200
場所 東京(新宿)・神奈川(横浜)・埼玉(大宮)・大阪(梅田)・福岡(天神)
料金 627,000円
早割:551,818円
期間 18ヵ月以内

合宿ランキング

泊まり込みで短期間で取得したい方におすすめの合宿タイプでの養成講座まとめ。

【1位】アミーダアカデミー

川崎のアミーダヨガアカデミーのスクール写真

天然溶岩石のホットヨガで全国に多くの店舗を持つアミーダが運営するスクール

  • 専門の合宿施設
  • 女性限定
  • 完全個室
  • 自炊が可能
  • 土日休みで最短1ヵ月
  • 就職サポートもあり

日本でRYT200を取るためだけの合宿施設はおそらく唯一。休みは取れるけど、海外まで行くのは気が引けてしまう方におすすめ。

説明会と見学会が随時無料なので、一度施設の見学や担当の方の話しを聞けるのも魅力。

アミーダアカデミーのRYT200
場所 神奈川県川崎市中原区上小田中2-23-16
料金 498,000円・入学料30,000円・テキスト代別
期間 最短1ヵ月・週5の1セットで自由に通える

【3位】YMCハワイ

ハワイで人気のYMCスタジオのスクール写真

バリでも国内でも人気のYMCが送るハワイの養成スクール。

  • 数少ないハワイでRYT200が取得できるスクール
  • 人気観光地アラモアナショッピングセンターからすぐ
  • ホテル代もご飯代も込みのお値段
  • 少人数制
  • 日本語での授業

RYT200の海外講座と言えば短期合宿がほとんどで、バリYMCでも14日ですが、YMCのハワイではあえて1ヵ月。レッスンのスケジュールも18時までということで、ゆったりハワイを満喫しながら学ぶことができます。

こちらも資料請求はもちろん、国内のYMC校による説明会も対応なので、事前に自分に合うか見極めてから決めることができるので、失敗をすることをないでしょう。

YMCハワイのRYT200
場所 ハワイ
料金 594,000円
期間 1ヵ月

【1位】YMCバリ

バリで人気のYMCのスクール写真

独自開催のスクールが多いバリの中で、日本でも人気のYMCが運営する養成スクール。

  • バリのスクールではトップクラスの安さ
  • 受講料にホテル代も宿泊費も一日3食も込み
  • HISバリ支店と提携した安心のサポート
  • 空港から10分の高級大型ホテル
  • 講師は全て日本人
  • 完全初心者でもOK
  • 職業紹介事業許可もある本格的な就職サポート

バリでは、日本では馴染みのないRYT200専門合宿が増えている中で、日本でも19校を運営する実績を持つYMCなうえ、お値段も相場どうりで、最も安心度が高いと人気のスタジオ。実際に、HISと提携しているうえ、会場も空港から10分の高級ホテルとなどのポイントも揃って、毎回が満員御礼の盛況ぶり。

また、バリでは英語の先生が多い中で、講師は全て日本人なうえ、14日間という短期ながらも詰め込みすぎない適度なスケジュールで、じっくり学ぶことができます。

全く内容が見えないスクールが多い中で、事前の資料請求から、日本での説明会まで対応してくれるので心配無用。

YMCバリのRYT200
場所 バリ(ビンタンバリリゾート)
料金 330,000円
期間 14日間

検索ランキング

最後は、当サイトでは提携していませんが、ネット検索で上位に出ている人気スクールをピックアップしました。

リブウェル

kenさんとayumiさんが講師を務めるリブウェルインスティテュート。

全国15都市で開催されていて、2020年にはヨガの本場と言われるインドでも開催されます。

リブウェルのRYT200
場所 開催時期による
料金 335,000円~
期間 2週間・7ヵ月

OMYOGA

主要都市以外にも、滋賀・兵庫・広島・和歌山などのローカルな地域でも開催しているOMYOGA。6年間の実績があり、年間155名の取得者を輩出しています。

豊富なコラムと、単位制で選べる豊富なコースが魅力。

OMYOGAのRYT200
場所 東京・大阪・京都・福岡・広島・バリ・滋賀・兵庫・広島・和歌山
料金 429,000円
期間 6か月・2か月半・1ヵ月弱

ヨギー・インスティテュート

インストラクターを養成するためだけの専門スクールで、13年の歴史ので多くの実績を持つヨギー・インスティテュート。『一歩先の自分をつくる認定スクール』というのをコンセプトに、6,000人以上の実績でRYT500も定期的に開催されています。

2020年は各地域で1回の開催が決定しているのでチェックしてみてください。

ヨギーのRYT200
場所 東京・札幌・名古屋・京都・大阪
料金 473,550円+教材費
期間 3ヵ月・1年

ヴィオラトリコロール

大阪と兵庫で5店舗を構えるスタジオ。

分けて通う単位制と、併せて一回で取れる短期のコースがあり。

ヴィオラトリコロールのRYT200情報(税抜)
コース
  • 単位制ベーシック:172,000円
  • 単位制アドバンス:310,000円
  • 一貫制(2ヵ月):445,445円
場所 大阪・本町

参照:https://yoga-viola.net/violacolumn/yogaalliance/

ヨギー・インスティテュート

こちらも全国で展開する人気のヨガスタジオの一つ。

こちらはRYT200と併せたオリジナルの「ヨギー・インスティテュート認定コース(Y200H)」と言うのを推奨しており、純粋なRYT200に関してはニューヨーク校で開催。

ニューヨークならではのプログラムが特徴なのだとか。

ただし、シェアルームの2人部屋で月25万円の宿泊費用が必要であったり、生活費がかなり高額なので、料金は1,5倍ぐらいが目安になりそう。

yoggy-instituteのRYT200情報(税抜)
コース 短期430,500円
場所 ニューヨーク

参照:https://yoggy-institute.com/yic200ryt/

Rire

定員が3名と4名の超少人数制のスクール。

講師が3名とも男性なのも他にはない特徴。

RireのRYT200情報(税抜)
コース
  • 平日通学(3ヵ月):450,000円
  • 土日通学(3ヵ月):450,000円
場所 東京・世田谷

参照:http://rire.tokyo/ryt200/

カラダメンテ養成スクール

スクールの名前通り、身体に関する色々な資格を扱う学校。

通学の中では、平均より料金は高いですが、単位制で通いやすいのと、恵比寿にあるヨガスタジオが通い放題になる特典があるようです。

カラダメンテのRYT200情報(税抜)
コース
  • 入学金:50,000円
  • RYT200資格コース(6ヵ月):590,000円
場所 東京・恵比寿

参照:https://school.karadamainte.com/ryt200.html

Yogaloha

ワイキキで最も実績があると言う養成スクール。

 

View this post on Instagram

 

ヨガアロハ・アカデミーさん(@yogaloha.jp)がシェアした投稿

SAPヨガやマタニティヨガなどのインストラクター口座もある本格派。

料金は高い物の、息抜きやリゾートとしての留学には最高ですね。

YogalohaのRYT200情報(税抜)
コース 3週間集中ヨガアライアンス200時間(24日間):$4,500
場所 ハワイ・ホノルル

参照:http://www.yogaloha.jp/ryt200.html

YogaBody

ヨガと身体の学校ヨガボディ。

基礎コースとインストラクターコースの単位制して、両方の受講が必要ですが、解剖学を中心に教える力をつけてくれるとのこと。

トライアル講座はたくさんの回数が開催されているので、お気軽に体験から参加できます。

YogaBodyのRYT200情報(税抜)
コース
  • 基礎コース(8時間):108,000円
  • インストラクターコース(5ヵ月):432,000円
場所 渋谷・大阪・北九州・宮崎

参照:https://yogabody.jp/course

Yoga.jp

埼玉で行われる合宿タイプのスクール。

59万円と少し料金は高く感じますが、18泊20日分の宿泊費と、54食分の食費がついているのが特徴。

学費ローンもあるので、国内で合宿タイプの集中取得とにはおすすめと言えるかもしれません。

Yoga.jpのRYT200情報(税抜)
コース
  • 研修費:415,000円
  • 宿泊費:175,000円
場所 埼玉県秩父市大宮5911-1

参照:https://ytt.yoga.jp/

BODY TONE

ニューヨークでヨガ留学できるスクール。

航空券や宿泊費や食費が別なので、日本円で100万円近くが見込まれますが、誰もが憧れるニューヨーク生活を満喫できます。

日本人スタッフがサポートしてくれるものの、英語のクラスがあるので英語ができる必要があります。

BODY TONEのRYT200情報(税抜)
コース
  • 1ヵ月短期集中(1ヵ月):$4,250
  • 2ヵ月ロング(2ヵ月):$4,250
場所 ニューヨーク

参照:https://bodytoneyoganyc.com/yoga_training_course/ryt200hr/

YMCメディカルトレーナーズスクール

5大都市で人気のスタジオであるYMCのハワイ校で行われるスクール。

スクールの名前でもあり、人気スタジオの理由でもあるメディカル的な要素を含む内容が人気。

こちらも渡航費や生活費は別なので、かなり料金はかさむものの、一生の思い出になる経験ができるでしょう。

YMCのRYT200情報(税抜)
コース 全米ヨガアライアンスRYT200(4週間):594,000円
場所 ハワイ

参照:https://ymcschool.jp/lp/hawaii01/

RYT200とは

RYT200とは?

全米ヨガアライアンスのカリキュラムを200時間うけることで取得できる資格であるRYT200。

まずは抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

必要有無

ヨガインストラクターになるからと言って、RYT200が必須と言うことはありません

資格がなければ教室を開けないなんてことはありませんし、資格がなくても雇ってくれるスタジオはたくさんあります。

なので、RYT200が必要がどうかは、人それぞれの目標次第。

RYT200を持っているからと言ってガッツリ稼げるわけでもありませんし、収入に大きく影響するかしないかも自分次第となります。

必要な場合

これらの資格を取得したい方は、RYT200があるとはかどりますです。

難易度

他の民間の資格の試験よりも圧倒的に簡単と言う口コミがほとんどです。

体調を崩して講義に参加できなかったり、まれに卒業試験に落ちると言う例もあるようですが、再試で受かる方がほとんど。

認定学校に通って、しっかり授業に取り組めばほぼ取得できると考えてよいでしょう。

登録方法と料金

RYT200は、認定スクールを卒業しただけで終わりではなく、全米ヨガアライアンスに登録しなくてはいけません

基本的にはほとんどの学校が登録を代行してくれるでしょう。

ただ、スクールの料金と別で追加になる場合がほとんど。

なので、費用を抑えたい方はご自身で登録することも可能です。

自分で登録する場合だと、全て英語の全米ヨガアライアンスのサイトから登録しなくてはいけないうえ、学校側に確認が入ったりして、時間と手間がかかる場合があります。

また、もう一つ覚えておきたいのが、全員共通で65ドルの年会費がかかると言う事。ただし、これは任意なので、最初に登録だけすれば、年間料を払って更新をしなくてもRYT200は名乗れます

スクール選びの注意点

失敗しない学校選びのポイント

冒頭にもあげたように、RYT200にはたくさんの種類の学校があり、認定校は100近くあります。

また、RYT認定校として大まかな決まりはあるものの、細かく統一されているわけではないので、料金から授業の内容まで全く違います

場所や料金だけで選んで後悔する人も多いので、最低限のポイントだけ4つ覚えておきましょう。

カリキュラムの内容

RYT200の授業内容

ある程度はRYT200で教わる内容は決まっていますが、学校によって授業の内容が全く違います

指導メソッドによって、今後のヨガインストラクターとしてのレベルが大きく左右されると言っても過言ではありません。

RYT200の認定学校の審査はかなり緩いのか、

口コミ

資格は取れたけど、内容が薄くて何も身につかなかった

口コミ

実質200時間もやってないけど大丈夫なのか

口コミ

海外の先生なので翻訳が半分の時間を占める

と言うカリキュラムの内容に関しての悪い口コミが多くあるのも事実。

なので、説明会や体験会が無料なスクールはたくさんあるので、色んなスクールに参加して内容を比較するのがおすすめ

RYT500の有無

将来的にRYT500も撮りたいと考えている方が抑えておきたいのは「RYT500」の講座もあるかどうか。

ほとんどのRYT500のスクールでは、自分の学校でRYT200を取得した生徒を対象しています。

もし他の学校でRYT200を取得した場合は、自分の学校のメソッドのためのブリッジプログラム(数万円)を受講する必要がでます。

なので、RYT500も開講している学校がおすすめ

定員人数

学校の定員人数も重要なポイント

10人未満の小人数のほうが、実力が身に付きやすいのは確か。

30人以上の大人数だと、人脈やお友達が増えるメリットがあります。

なので、好き嫌いによりますが中規模ぐらいがおすすめ

授業以外の特典

ワークショップ割引やスタジオ利用の割引を利用する人

最も多くの方が求めるのが、卒業後のサポート。

ワークショップの割引やイベントの参加、就職サポートなどが人気の傾向にあります。

そうなると必然と、参加しやすい日本にあるスクールがおすすめ

まとめ

以上がRYT200の学校の選び方、役立つ価格の比較表、スクールのカタログ解説でした。

料金が高いのでよく検討してからお申込みすることをおすすめいたします。