全国ヨガ教室比較ランキング

ヨガインストラクターにおすすめ資格とスクール比較ランキング!

これからヨガの先生になろうと考えているあなたに送るおすすめ資格カタログ。

口コミから料金の比較まで徹底的にまとめました。

おすすめ資格

ヨガインストラクターと言っても様々な資格があります。

運転免許や国家資格のように統一された資格と言うのはないので自分で選んで取得しなければなりません。

そこで、まずは資格の種類を覚えておきましょう。

ザックリと人気の団体や種類で5つご紹介いたします。

【1】全米ヨガアライアンス

世界的に広がっており、最もポピュラーなヨガの先生の資格。

全米ヨガアライアンスでは『RYT200』という200時間の資格が特に有名で、これがあればどこのスタジオでも簡単に採用されるというほどヨガインストラクターにとって基礎の資格。

ただ、国家資格でもないのにどこのスクールも40~60万円がかかるうえ、取得者が多すぎて溢れているのがネック。

資格として武器にするなら、もう一つある『RYT500』という500時間の資格なんかがおすすめ。

全米ヨガアライアンス(RYT200)の資格詳細
種類 RYT200・RYT500
形態 通学or合宿
費用の目安 40~60万

【2】JYIA

日本ではヨガアライアンス次に知名度があるだろうと言うヨガ資格。

これも、RYT200と同じく一般的なヨガインストラクターの先生向けのもので、扱いや内容はほぼヨガアライアンスに近いと言っても過言ではありません。

JYIAの資格詳細
種類 3級・2級・1級
形態 通学
費用の目安 25万

【3】マタニティヨガ

これこそ勉強して取得する価値があると言えるマタニティのヨガ特化したヨガインストラクター資格。

ヨガインストラクターにプラスアルファで取る方はもちろん、最初からマタニティヨガに特化して取得する方もいるほど。

競合が少ないうえ、レッスンの単価が若干高めなので稼ぎやすいとは言われるものの、妊娠中と言う限られた期間のため定期的なリピートというのはありえないうえ、少子化の影響も考えると長く大きく稼ぐのは難しいという若干のデメリットはあります。

マタニティヨガの資格詳細
形態 通学・オンライン
費用の目安 10万円前後

【4】空中ヨガ

エアリアルヨガやアングラビティヨガとも言われ、セレブの間で流行し日本にも続々とスタジオができて広がりを見せている空中ヨガの資格。

100~200キロでも落ちないような設備が必要なため、資格を取って独立するには開業費用が高いのがネック。

空中ヨガにも統一されたような資格はなく、スタジオごとに独自で発行しているような資格がほとんどなので、汎用性はや将来性は少し低いのがデメリット。

空中ヨガの資格詳細
形態 通学
費用の目安 0円~30万円前後

【5】アクロヨガ

SNSやメディアでジワジワと広がりをみせているのがアクロヨガ。

2人や3人で行うヨガということで、従来のヨガとは全く違うメリットで愛好者も増えている中で、スタジオレッスンが少ないのが特徴。

つまり開業できればまだまだ市場規模が大きいので、稼ぐことや有名度に特化したヨガインストラクターになりたい方におすすめ。

とは言え、まだこの資格を取得できる日本人向けスクールがほとんどないため取得が難しいというのがデメリット。

アクロヨガの資格詳細
形態 通学・合宿
費用の目安 0円~30万円前後

おすすめスクール

色々な資格がある中で、おすすめの資格と併せておすすめのスクールの一覧と解説です。

ヨガインストラクター資格が取れるスクール
スクール 場所 料金
JYIA 全国8校 JYIA2級:250,000円
リラヨガ 東京
(世田谷区)
RYT200:448,000円
アンダーライト 東京
(渋谷区)
RYT200:499,900円
YogaWorks 東京
大阪
RYT200:507,100円
アミーダ 神奈川
(川崎)
RYT200:528,000円
⇒458,000円
YMC 全国19校 RYT200:548,000円
JAHA WEB ベビーヨガ:98,000円

続いてはおすすめ順でご紹介いたします。

【1位】アンダーザライトスクール

日本で初めて全米ヨガアライアンスに認定された歴史ある老舗スクール。

アンダーザライトではRYT200を取得することができ、他のスクールにはない特徴はこちら!

  • 書籍発行も行う会社で、他のスクールでも使われるほどのカリキュラム
  • 自社テキストならではの豊富な教材でガッツリ学べる
  • 「RYT200」のみならず「RYT500」も常時開催
  • 単位制で期限がないため自由に通える
  • 卒業生専用の単発レッスン枠があるのですぐに気軽にデビューできる
  • 芸能人をはじめ多くのヨガの有名人もアンダーザライト
  • 大型ヨガフェスやワークショップなど卒業後も特典豊富
  • 指導中の怪我に対する保険サービスもあり
  • 完全初心者のための取得コースもあり

という他にはない圧倒的な特徴で大人気。

唯一のデメリットとしては、新宿区の代々木駅のスタジオのみということで、通える方に少し限りがあるぐらい。スタジオは4階建てのビルで色々なフロアがあり、飽きることもないほど。

アンダーザライトのヨガ資格詳細
形態 通学
場所 東京都渋⾕区代々⽊1-53-4
費用 RYT200:499,900円
お支払 現金・振込(分割可能)

アンダーザライトのスクール詳細はこちら

【2位】YMCスクール

日本全国に展開し、海外での取得のサポートも行っているYMC。

YMCではRYT200だけでなく様々なヨガインストラクターを取得することができ、他のスクールにはないたくんさんのメリットがあります。

  • RYT200だが、プラス100時間が無料なので、全300時間タップリ学べる
  • 週1コースから短期合宿まであり
  • 国内最多の19か所で開講されている
  • 海外の合宿コースもあり
  • 全国6スタジオでのYMCへの就職も可能
  • 豊富な資格の種類
  • マタニティヨガ・シニアヨガ・キッズヨガ・小顔ヨガのインストラクター養成もあり
  • 整体の資格学校も運営しているほどで、特に解剖学に強い
  • 説明会はもちろん、資料請求のみもあり

日本では最大級と言える実績とブランドで誰にでもおすすしたいスクールと言えます。

YMCスクールのヨガ資格詳細
形態 通学・合宿
場所 東京(新宿・立川・銀座)・千葉(柏・船橋)・神奈川(横浜・石川町)・大阪(梅田・心斎橋)・福岡(久留米・天神)・三重四日市・愛知県名古屋市・静岡・大宮・山形・兵庫・バリ・ハワイ
費用 RYT200:548,000円・シニアヨガ:191,000円・マタニティヨガ:191,000円・キッズヨガ:155,000円・小顔フェイシャルヨガ:143,000円・リストラティブヨガ155,000円・バリ合宿RYT200:こちら
お支払 現金振込or現金分割
説明会 随時開催・資料請求のみも可

YMCのスクール詳細はこちら

※バリでの比較詳細はこちら

【3位】アミーダヨガアカデミー

女性専用の溶岩ヨガで人気なアミーダが運営するRYT200取得スクール。

国内では初めての宿泊施設タイプのスクールで、RYT200をじっくり学ぶことができます。

  • 1ヵ月の短期で早期取得が可能
  • 宿泊費や昼食代も込みで無料
  • キャンペーンで割引でトップクラスの安さ
  • IYSA認定の資格もW取得できる
  • IYSAだけなら5日間で取得可能
  • アミーダへの就職にも有利
  • 女性限定の空間

出来たばかりのスクールながらも、全国30店舗を展開するアミーダならではの安心感で、カリキュラムには全く問題ないと言えるでしょう。

今なら入学金30,000円と、40,000円の割引で、458,000円と最安値レベルの安さ。説明会に参加するだけでクオカード500円ももらえる特典もあるので、短期で予定を開けられる方にはぜひおすすめ。

アミーダヨガアカデミーのヨガ資格詳細
形態 合宿
場所 神奈川県川崎市
費用 RYT200:528,000円458,000円
IYSA:178,000円~
お支払 現金振込(最大36回分割まで可)
説明会 随時開催(場所は品川)

アミーダのスクール詳細はこちら

【4位】ヨガワークススクール

全世界で使われる有名なメソッドとなるヨガワークスが運営するスクール。

ヨガを少しでも噛んだことがある方なら一度は聞いたことがあるであろう有名なスクールとして、他のスクールにはない特徴はこちら。

  • 短期と長期で4種類のコースで選べる
  • 最短20日間の取得コースがあり、素早く取得することが可能
  • 週1で半年で取得コースもあり、じっくり取得することも可能
  • 年間2,000人以上の卒業生
  • 日本では「ゼンプレイス」と提携しているため卒業後の働き口も豊富

1987年に創設され、今でも全米に52のスタジオを構え、ヨガグッズも販売するほどのノウハウなので、「ヨガワークスでRYT200を取得した」というのはかなり強い名刺になると言えるでしょう。

ヨガワークススのヨガ資格詳細
タイプ 通学
場所 東京・大阪
費用 RYT200:507,100円
お支払 現金振込(一括or2回までの分割)
説明会 無料体験会・随時

ヨガワークスのスクール詳細はこちら

【5位】リラヨガスクール

「ヨーガの魔法」という書籍でも有名な乳井さんが設立したリラヨガスクール。

定番で人気のRYT200はもちろん、メディカルヨガインストラクター資格も取得することができ、他の学校にはないメリットはこちら。

  • 全国唯一のメディカルヨガ資格認定校
  • インドで修行を積んだ創設者の乳井さん本人が指導者
  • 卒業生専用のサポートサイトがあり特典も豊富
  • 自然素材をふんだんに使った癒しのスタジオ内での講習
  • 不定期ながら沖縄の短期合宿もあり

他の資格取得スクールと比べるとメリットが少なく感じる方もいると思いますが、まさにここは乳井真介さんのブランドが強く、乳井さんを知っている方が選ぶことが多いようです。

リラヨガスクールのヨガ資格詳細
タイプ 通学・合宿
場所 東京(世田谷区)・沖縄
費用 RYT200:448,000円
お支払 カードor現金一括
説明会 無料体験会・随時

リラヨガのスクール詳細はこちら

【特集1】JYIAスクール

大手では唯一RYT200でないインストラクター資格を発行しているのがJYIA。

ヨガインストラクターのための資格ということで、内容はRYT200とほぼ同じなので、日本版のRYT200と考えるとシンプルです。

まずは他の学校にはないスクールの特徴はこちら。

  • 格安で取得することができる
  • 独自資格の中ではかなり認知度が高い
  • 全国8校に広がるメソッド
  • 少人数制で徹底した指導によるメリット

3級と2級を取得すれば十分インストラクターとして働けるレベルとなり、1級に関してはシニアヨガ・キッズヨガ・ピラティス・上級ポーズなども学ぶため、どこのスタジオでも通用するような幅広い知識と経験が得られます。

ヨガインストラクター資格ではRYT200の知名度が高いですが、『海外でも教えられる』というメリットをのぞけばそこまでこだわる必要もないので、費用を抑えて開業したい方なんかにおすすめ。

JYIAスクールのヨガ資格詳細
タイプ 通学
場所 東京(表参道・池袋)・大阪(梅田)・福岡・名古屋・静岡・前橋・新潟
費用 3級+2級:250,000円
3級+2級+1級:580,000円
お支払 カードor現金一括or現金分割
説明会 資料請求からOK

JYIAのスクール詳細はこちら

【特集2】JAHAスクール

わざわざ通わなくてもオンラインで資格取得ができるのがJAHAスクール。

マタニティヨガやキッズヨガなど、たくさんの資格を取得することができます。

  • オンラインのみで通学不要で取得可能
  • 全国のトイザラスと提携しているので働き口も豊富

JAHAのスクール詳細はこちら

まとめ

以上がヨガインストラクターになるためにおすすめの資格と、取得するために最適なスクールの比較まとめでした。